« ユウマ語 その2 | トップページ | 撮影 »

2007年2月20日 (火)

訓練

哺乳瓶の乳首に慣れてしまったせいとか哺乳瓶の方がそんなに力を入れなくても簡単にいっぱい飲める事を体で覚えた為か、ここ4、5日の間にミナのパイを朝以外拒絶し始めた。ちょうど、その頃外出続きでパイをあげれなく、哺乳瓶での授乳が続いたのも原因だと思うが。いざ、飲んでくれなくなると何故か無性にパイへの熱い思いがこみ上げてきた。出なくなってしまってとか、傷が出来てやむを得なくあげれなくなった。なんて事だったら諦めもつくかもしれないが、パイの調子もいいのに、拒絶。なんてのは寂しい。しかも、パイをあげている時のあの幸せ感を味わえなくなるのは本当に悲しい。そこで、ユウマにはかわいそうかもしれないけど、哺乳瓶の乳首をSSサイズで訓練用のものに交換。母乳の様な感覚の力入れて飲むらしい。露骨に嫌な顔して、「うぉー」と大きな声で顔をぷいっとされてしまった。でもお腹がすいているから仕方なく一生懸命ゴクゴクしてた。ごめんね〜。ミナも質のイイパイを出す為に、食事に気を使って脂っこいものやめたり、とにかく水分多く取る様にしたりと随分気持ちも入れ替わった。いつかは、完パイ(完全母乳)目指してユウマもミナもがんばろう。

|

« ユウマ語 その2 | トップページ | 撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユウマ語 その2 | トップページ | 撮影 »